異種うなぎ ビカーラ種 池上げ本格化に 

やっと暖かくなってきましたね!うなぎも餌をたくさん食べてくれる時期にはいりました。毎日来客が多く、なかなかブログを書く時間がとれませんでしたので、今日は内容を濃くしてブログを書こうと思います。

今だジャポニカは300万円のシラス池入れ価格。弊社にくるスーパーのバイヤーさん達は、【こんな高い価格の鰻が売れるわけがない】と口をそろえて言いますね。スーパーのバイヤーさんは一般の主婦が買えるうなぎ蒲焼を求めています。じゃあ主婦が買える鰻とは何か?私自身主婦にスーパーでのうなぎ蒲焼の価値観をモニタリングしたところ、主婦は【1尾で980円から1280円】と言います。ようするにその価格のものを作れば売れるということですね。その為には、原料【シラスやクロコ】の安価なもので養殖するしかありません。今後のうなぎ業界にとって、異種は絶対必要なものになります。弊社はどんどん異種のチャレンジしていきます。

ビカーラ種の池上げ風景

ビカーラ種を裂くとこんな感じです。

カテゴリー: カネナカうなぎ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>