ミャンマーの天然うなぎを入荷

10月なのに秋になかなかならないですね!先日は10月としては最高の30度をこえました。衣替えをすませているのに、また夏物を引っぱりだしてきています。やはり地球がおかしくなっているのでしょうか?魚もとれる場所で採れてなかったりして価格が高騰するばかりです。鰻も中国、台湾、日本にジャポニカがほとんどなくとんでもない活鰻価格に現在なっております。10月下旬から台湾でシラス漁がはじまりますが、前半になんとしても採れてほしいものです。採れなければ来年の夏にはジャポニカ活鰻が絶対量不足に・・・・・また、3年後のワシントン条約にひっかかる一歩になってしまいます。業界にとっては大問題です。今のうちいろいろな販売を考えていかなければいけないと思い行動しています。そこで、今回はミャンマーの天然うなぎを仕入れ加工してみました。そして、DNA鑑定を行いどの種類なのかを調べてみたいと思います。私はビカーラ種だとおもいますが・・・・?????当たるでしょうか????

カテゴリー: カネナカうなぎ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>