ロストラータ種とジャポニカ種の比較

シラス漁の季節にはいりました。台湾では採れているような情報が入ってきてますね。国内でも12月からシラス漁が解禁になっています。まずは、1月中までに、どのくらい日本にシラスが入るかで来年の土用の丑の活鰻の動きと相場がなんとなくわかると思います。加工場としては、4月までにどれだけ入ったかポイントですね。ジャポニカが採れる事を願います。先日あるお客様からロストラータ種についてのお問合わせを頂きました。内容は、ジャポニカ種が高すぎて手が出ないのでロストラータ種について詳しく教えて下さいとの事。ジャポニカ種とロスロラータ種を比較してください。

中国産ロストラータ種の白焼加工

上:国産ジャポニカ種 167g

下:中国産ロストラータ種 167g

ほとんど違いがありません。昔のロストラータ種は魚ぽいようなタンパクな味でしたが、最近のはジャポニカ種と全く変わりません。

※ロストラータ種の活鰻販売、冷凍蒲焼・白焼の販売もしているので、興味のある方は出連絡お待ちしております。

 

カテゴリー: カネナカうなぎ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>